インバウンド関連コラム

インバウンド関連情報 
『外国人指差し会話シート』プレゼント中!

2013年、ついに訪日外国人観光客数が1,000万人の大台を超えましたね。

2020年東京オリンピック、富士山、和食、などの日本が注目されるトピックスに加え、東南アジア5か国に対するビザ要件緩和*(免除、数次化、日数延長)など政府の観光政策の効果もあり、2014年以降も、訪日外国人の人数は今後間違いなくさらに増えるでしょう。
  >>東南アジア諸国に対する訪日ビザ要件緩和

ご存知ですか?

観光客数で国別に多いのは、韓国、台湾、中国の順で変動ありません。
さらに香港を加えた中国語・韓国語圏からの観光客数で6割以上(約3分の2)を占めています。

世界の共通言語と言ってよい英語の情報発信の必要性は勿論ですが、
やはり中国語、韓国語といった近隣国からの訪日客がとても多いので、各言語での情報発信やサービスの提供ができるかどうか、受け入れる側の体制として重要ですし、しっかりとした対応を他より早くとることが外国人の来訪・宿泊・消費UPにつながります。

大手小売店や百貨店、ホテルなど、訪日外国人をいち早く取り込んでいる企業等では、英、中、韓はもちろん、LCC(格安航空会社)の就航もあり、これから大いに増えてくることが予想されるタイ語やインドネシア語、マレーシア語などアジア言語での情報発信を始め、外国人旅行客の取り込みに、既に力を入れ始めています!

ホームページやパンフレットなどできちんと外国語での情報発信ができれば、例えば宿泊、飲食やおみやげなどの消費額も増えるでしょうし、逆に「温泉の入り方」など、日本の独自のルールをきちんと伝えてあげることで、トラブルを未然に防ぐことができれば、外国人のお客さんの満足度も上がるでしょう。

宿泊客向けの館内施設の紹介やお願い、周辺案内などのようなものであれば、直接ご相談いただいて、簡単なものをお作りしプリンタで出力するだけでも十分外国人によろこんでもらえると思いますし、ウェブサイトやパンフレットなどは、いまお取引をされている制作会社(中国語や韓国語の翻訳ができないところも多いです)からのご依頼でも対応可能です。

これからますます増えるであろう外国人観光客をうまく取り込んでいくには、言葉の問題を解決する必要がありますので、ぜひお力になりたいと思います。

ご相談、お見積りは無料で対応いたしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

株式会社 アレクシス   担当:森
住所:東京都板橋区蓮根3丁目20番3-308
電話:03-6789-3860

>>メールでのお問い合わせ、お見積りはこちらから
   (お気軽にご相談ください。)


訪日外国人人数などの統計データ、ビザ解禁やインターネットなど
各国の情報、その他観光関連情報は こちら↓

>>インバウンド関連情報 TOPページ

宿泊施設向け外国語指差し会話集


詳細ページへ
宿泊施設向け、指差し会話集。
チェックイン、チェックアウト、緊急時など、宿泊時の一連のやりとりが指差しででき、外国語ができなくても外国人宿泊ゲストの対応がスムーズにできるので安心です!

英語版、中国語簡体字(中国本土)版、中国語繁体字(台湾、香港など)版、韓国語版、それぞれ、日本語と外国語の向きが逆になっているので、お客様と向かい合っての応対がスマートにこなせます。




今お申込みいただくと、外国人宿泊ゲストとの応対が指差しでできる
便利な「外国語(英語、中国語、韓国語)指差し会話シート」をプレゼントいたします!




下記よりお申込みいただければ、宿泊施設向け、外国語指差し会話シートなど、すべての
情報の閲覧・ダウンロードができるほか、インバウンド関連情報の追加、更新についての
お知らせをお届けいたします。(不定期)
※ID・パスワードでダウンロードができるようになります。
※ご申込みは宿泊施設様など、観光関連の施設様に限らせていただきます。