国別訪日外国人人数(2010年)

統計データ等

2010年の訪日外国人総数は861万人(過去最高)となりました。
国別に見ると、もっとも多いのは韓国で変わりなく、中国が141万人に増え
台湾からの訪日客数を越えました。

韓国語、中国語圏(韓国、中国、台湾、香港)をあわせて約66%(=全体の3分の2)。
英語圏(アメリカ、オーストラリア、イギリス、シンガポール、カナダ)をあわせて約17%。
アジアの比率は英語圏よりも圧倒的に多く、今後さらに増えていくことが予想されています。
関連情報「中国語、韓国語の重要性」


詳細データ(国別人数) 
 *メールアドレスを入力して閲覧下さい