世界各国のインバウンド客数

統計データ等

2010年の各国・地域のインバウンド客数はグラフの通りです。(単位:千人)
TOPはフランスの7,680万人。アメリカ、中国、スペイン、イタリアと続きます。
アジアでは中国の5,566万人に続き、マレーシアが2,457万人、香港、タイ、マカオ、韓国、シンガポールと続き、
日本の861万人はずいぶん少ないように感じられます。

政府は3,000万人を目標に、訪日外国人客数を増やす為、海外での告知活動などの取り組みを行っていますが、実際に各地域、宿泊施設、観光施設などが外国語対応を進めるなどの環境整備も必要になります。

3,000万人の外国人集客となると現在の5倍近く、イタリアに次ぐ6番目の多さとなります。
経済的な効果は相当なものになるでしょうが、各国が同じように外国人観光客を増やそうとしているので、
日本でも官民を上げて取り組まないと簡単に達成できるものではありません。