韓国語翻訳者になる

韓国語翻訳のご依頼はこちらから  

韓国語翻訳者に求められるものが何かご存知ですか?

韓国語翻訳者になるには-翻訳者のお仕事とは

■翻訳というお仕事
お仕事の翻訳は大きく分けて3つに分類されます。
映画の字幕などを翻訳する映像翻訳、書籍などを翻訳する出版翻訳、ビジネス用途全般を扱う実務翻訳
翻訳のお仕事の9割が実務翻訳といわれますが、その実務翻訳者になるには、韓国語の語学力が求められるのはもちろんですが、その基準や登録の手順など翻訳業界特有の仕組みが存在します。

「翻訳者になる」のページでは実務翻訳(産業翻訳、ビジネス翻訳とも)の韓国語翻訳者になるには、どうしたらよいのか、その一般的な仕組みとアドバイス、翻訳というお仕事についての説明も含めて紹介しています。
これから韓国語の翻訳者として活躍したいと思っている方向けの情報をまとめましたので、ぜひ一度ご覧になってみてください。
翻訳者になる詳細へ 特に、翻訳のお仕事についての情報は英語の情報がほとんですので、韓国語の翻訳者になりたいという方は、情報が少なくお困りではないでしょうか?
韓国語の翻訳者になるための道のりが英語の翻訳者になるものと、それほど大きな違いがあるわけではありませんが、言語的な注意点や翻訳会社における韓国語の位置づけなどについても説明しています。

韓国語翻訳者を目指す方、翻訳会社のトライアルや翻訳者養成講座を受けようとお考えの方、まずは無料の「翻訳者になる」ためのお役立ち情報をぜひご覧ください。


韓国語翻訳者養成講座、韓国語語学学習教材

■株式会社アレクシス 「実務翻訳体験添削サービス
これから韓国語翻訳者を目指す方向け。(英語、中国語もあり)
本格的な翻訳講座などの受講前に、実務翻訳を体験できる
リーズナブルな料金の添削サービスです。
韓国語から日本語への翻訳にトライして、ベテラン翻訳者による
添削とトライアルを受ける際に気をつけるべきポイントなど
具体的なアドバイスを受けられるサービスです。

= TOPICS! =
翻訳実務をて総合的に学べ、料金がお得な、”添削コース”新設!(韓国語和訳)

翻訳のお仕事やトライアルのポイントを学習することは翻訳養成講座などの学習効果を高め、トライアルに合格するための近道です。 ご利用者さまの声(翻訳添削サービスの感想)

よくあるご質問 Q&A

韓国語検定・資格試験

翻訳者になる無料情報


■韓国語翻訳者養成講座

アレクシス
TFS韓国語翻訳講座(添削コース)

TFS(Translator's First Step)翻訳講座(添削コース):
翻訳者をめざす方向けの、リーズナブルな通信添削コース。
添削、ポイント指導で、翻訳実務の基礎養成とトライアル合格を目指す実践的なコース。

ソウルアカデミー
日韓翻訳・通訳コース

日韓両国の情報を正確に伝えることのできる日韓通訳・翻訳者を育成するコース

ヒューマンコム
翻訳者養成コース

翻訳家を本気で目指す方のため通学コースは基礎科/本科。
メールで課題を送付する通信コースは月1回、1年間で12回の添削。

秀林外語専門学校
日韓通訳翻訳学科

通訳・翻訳コースは効果的な教授法、体系的なプログラム、徹底した学生管理などにより、学生の学習能力をさらに高めるよう、努めています。

ワイズ・インフィニティ
翻訳者養成講座(映像翻訳)

映像翻訳者養成のための講座。
字幕翻訳コース(入門、基礎、実践)のほか、吹き替え翻訳講座や、放送翻訳講座など


あなたの日本語は正しいですか?
日本語表記のルールを正しく理解していますか?



翻訳者として活躍するには、外国語だけでなく、母国語の高い能力が求められます。
原文の外国語を理解するだけでなく、正しい日本語、的確な日本語が使えることが、日本語への翻訳作業をするうえで 最も必要なことです。 常用漢字、送り仮名だけでなく、句読点の使い方、引用符、外来語の表記法などに加え、 差別用語や不快語なども理解する必要があります。

手元に一冊、新聞などの表記の基準とされる「用字用語」に関する辞書やガイドブックがあれば、確認できるので安心です。
用字用語辞書・ガイドブック

■韓国語(ハングル)語学教材