中国語、韓国語翻訳会社の選び方3

 

ポイント3 翻訳会社の選び方3-担当翻訳者、翻訳作業工程、その他

担当翻訳者

ネットで検索するとアジア現地法人との提携をうたい格安の翻訳を提供する会社もありますが、例えば、中国本土で日本語から中国語への翻訳を行い、ほとんどチェックが入らないまま納品されるケースもあります。(中には日本に来たこともない担当者が翻訳している場合も。)
電子機器の取扱説明書などであれば、日本の事を知らなくても問題ない場合もあると思いますが、そうでないものも多いのではないでしょうか。

翻訳料金が安という点だけで発注しようとする場合、例えば片言の日本語の担当者とのその後のフォローや細かい打ち合わせで苦労するということもありうる、と考えたほうがいいでしょう。自社である程度の語学力やチェック作業のできる人間がいる場合は、そうした会社への発注でも問題ないかもしれません。

 当社では、翻訳者の方は外国語への翻訳は外国人ネイティブ、日本語への翻訳は日本人が担当します。外国人の方も原則、日本在住の方(もしくは留学、社会人経験など日本での生活経験のある方)が担当し、日本のことを全く知らない、ということはありませんので、ジャンルを問わず、安心してお任せください。


翻訳作業工程がしっかりしているか?

翻訳者の方もベテランになるほど、「この原稿はどういう用途で使うものか」といった質問や原稿のミスを指摘してきます。また、日本語では1種類の言い方でも外国語では複数の使い分けがあったりすることもあり、原稿の文章だけでは分からないことも。(分かりやすい例では、人物の敬称の性別での使い分けなど。)

翻訳業界で英語はわかるという人は多いですが、中国語や韓国語はどうでしょうか。
営業やコーディネートの担当者に相当な語学力が必要、とは思いませんし、語学力があるだけでもダメなのですが、営業担当に十分な知識、経験があれば、必要なポイントを整理してから翻訳に着手でき、途中で確認が必要になるということが少なくなりスムーズに作業を進められます(もちろん大量の文章の一言一句まで事前に確認することはできませんが)。また翻訳後のチェックの作業も、知識、経験があれば効率よく、ポイントを抑えてできますが、人材や工程が十分でないと防げるミスも防げないことになります。

 ネイティブ翻訳者による翻訳、日本人によるチェックが入り、言語知識のある営業兼コーディネート担当者が事前の調整からご納品まで責任をもって対応します。
豊富な経験で、スムーズに案件を進めることができます。


その他

・翻訳のお仕事は重要な資料、外部への発表前の資料等の翻訳を承るケースもあります。情報管理は非常に大切です。

 必要に応じて「守秘義務契約」を締結いたしますので、安心してお任せ下さい。