中国語検定試験・資格試験

中国語検定試験・資格試験のご紹介。
翻訳者として翻訳会社のトライアルを受ける際の書類選考基準や、翻訳者養成講座の受講資格にもなる
中国語検定試験などをご案内します。
※日程その他は変更となる可能性がありますので、各検定試験の詳細は公式サイト等でご確認ください。

■HSK 中国漢語水平考試 :中国国家教育部(アジア国際交流奨学財団)

HSK 中国漢語水平考試とは:
中国国家教育部(日本の文部科学省に相当)が実施する中国語を母国語としない学習者の
中国語運用能力を測る統一標準化国家試験(中国政府が公認する世界共通基準の中国語検定)。
中国語版TOEFLに相当。

■検定試験概要
 筆記試験:1級、2級、3級、4級、5級、6級  ※6級が最高級
 口頭試験:初級、中級、高級



詳細は公式サイトにて
ご確認ください。
■検定試験実施時期
 年4回
中国漢語水平考試
(外部サイト)

≫≫≫HSK 中国漢語水平考試対策講座(外部サイト) 中国語教室CIP HSK対策コース
楊旭中国語学院HSK対策講座

■中国語検定 -日本中国語検定協会

中国語検定とは:
日本中国語検定協会が主催し、筆記形式(リスニング含む)により中国語の運用能力を認定する
中国語検定試験(中検と略称される)。

■検定試験概要
 準4級  4級 3級 2級 準1級 1級  ※1級が最高級


詳細は公式サイトにて
ご確認ください。
■検定試験実施時期
 6月・11月・3月  ※1級は11月のみ(年1回)

中国語検定
(外部サイト)

≫≫≫中国語検定対策講座(外部サイト) CCアカデミー中国語検定対策講座
中国語教室CIP中国語検定対策コース
聖林言語学院中国語検定対策講座

■ビジネス中国語能力検定試験(BCT)

ビジネス中国語能力検定試験(BCT)とは:
中国語を母語としない学習者の、ビジネスに従事するための中国語能力水準を検定するために
中国政府により設立された試験。略称はBCT(Business Chinese Test)。
得点式の試験であり中国語版「TOEIC」と言われています。

■検定試験概要
 1級~5級 ※5級が最高級


詳細は公式サイトにて
ご確認ください。
■検定試験実施時期
 年4回

ビジネス中国語能力検定試験(BCT)
(外部サイト)


翻訳者になる

■中国語翻訳者になるには
実務翻訳者になるには、中国語の語学力(資格試験による客観的評価)以外にどういったことが
求めらるかご存知でしょうか?

フリーランス(在宅)翻訳者を目指す場合、翻訳会社のトライアルを受け、翻訳会社に登録するという流れが一般的ですが、トライアルとはどういったものか、またどのような点に注意するべきかなど、翻訳者になり実際のお仕事をするうえで知っておくべき事などをまとめました。

また、リーズナブルな料金で、添削課題による実務翻訳の体験と、トライアルを受ける際のアドバイスなどが受けられる、実務翻訳体験添削サービスもぜひ試してみて下さい。

実務翻訳者としてスタートするには、
実務経験やそれに準ずる知識が大きな要素となります。

<「翻訳者になるには」無料のお得な情報ページ>
翻訳者になるイメージ 
  • 第1章 実務翻訳(産業翻訳・ビジネス翻訳)とは
  • 第2章 翻訳者になるまでの流れ(募集、トライアル、登録等)
  • 第3章 実際の翻訳のお仕事の流れ
  • 第4章 翻訳者として必要なスキル
  • 第5章 翻訳者としてしっておくべき事
  • 第6章 翻訳会社との付き合い方
  • 第7章 中国語、韓国語の翻訳について

  • <翻訳者を目指す個人の方向け、実務翻訳体験添削サービス
    実務翻訳体験添削サービス  フリーランス翻訳者の養成講座の受講などを検討するものの、
    数万円から10万円を超える料金ではなかなかハードルが高いとお感じではないでしょうか?
    まずはリーズナブルな料金で、添削課題の実務翻訳を体験し、
    添削とトライアルを受ける際に気をつけるべきポイントなど
    具体的なアドバイスを受けられる
    「実務翻訳体験添削サービス」で、実務翻訳とはどういったものか、試してみてはいかがでしょうか?