韓国語、ハングル検定試験・資格試験

韓国語、ハングル検定試験・資格試験のご紹介。
韓国語翻訳者として翻訳会社のトライアルを受ける際の書類選考基準や、翻訳者養成講座の受講資格にもなる
韓国語、ハングルの検定試験などをご案内します。
※日程その他は変更となる可能性がありますので、各検定試験の詳細は公式サイト等でご確認ください。

■韓国語能力試験 :財団法人韓国教育財団

韓国語能力試験とは:
韓国語を母語としない学習者を対象とし、日本を含む世界35カ国で毎年ほぼ同時期に実施。
クラス別の合否判定は韓国政府(教育科学技術部)による公式認定となります。

■検定試験概要
 初級(1・2級)、中級(3・4級)、高級(5・6級)、実務(点数制)



詳細は公式サイトにて
ご確認ください。
■検定試験実施時期
 4月  10月
韓国語能力試験
(外部サイト)

≫≫≫韓国語能力試験対策講座(外部サイト) I.K.Bridge 韓国語能力試験'合格'対策講座
イージーコリア 韓国語能力試験対策講座


■ハングル能力検定試験 :ハングル能力検定協会

ハングル能力検定試験とは:
日本語を母語とする韓国語・朝鮮語学習者に特化した検定。

■検定試験概要
 1級  2級 準2級  3級  4級  5級  ※1級が最高級


詳細は公式サイトにて
ご確認ください。
■検定試験実施時期
 6月、11月

ハングル能力検定試験
(外部サイト)

≫≫≫ハングル能力検定試験対策講座
(外部サイト)
YMCA韓国語講座 ハングル能力検定
試験対策クラス

ハングル語学堂 ハングル能力検定
対策通信講座

■韓国語能力評価試験 KLAT(旧KLPT) :財団法人韓国語能力評価院(日韓コミュニケーション協会)

韓国語能力評価試験 KLATとは:
韓国政府認証の試験。合否がない、スコア取得式、韓国語版TOEICです。
財団法人韓国語能力評価院が主管する全世界で国際的に施行される韓国語能力評価試験で、韓国語を母語としない外国人および海外在住韓国人を対象としています。

■検定試験概要
 スコア500点満点 (聞き取り200点+読み取り300点)


詳細は公式サイトにて
ご確認ください。
■検定試験実施時期
 定期試験を年6回施行
 PBT(ペーパーテスト)、CBT(コンピューターテスト)

韓国語能力評価試験 KLAT
(外部サイト)




翻訳者になる

■韓国語翻訳者になるには
実務翻訳者になるには、韓国語の語学力(資格試験による客観的評価)以外にどういったことが
求めらるかご存知でしょうか?

フリーランス(在宅)翻訳者を目指す場合、翻訳会社のトライアルを受け、翻訳会社に登録するという流れが一般的ですが、トライアルとはどういったものか、またどのような点に注意するべきかなど、翻訳者になり実際のお仕事をするうえで知っておくべき事などをまとめました。

また、リーズナブルな料金で、添削課題による実務翻訳の体験と、トライアルを受ける際のアドバイスなどが受けられる、実務翻訳体験添削サービスもぜひ試してみて下さい。

実務翻訳者としてスタートするには、
実務経験やそれに準ずる知識が大きな要素となります。

<「翻訳者になるには」無料のお得な情報ページ>
翻訳者になるイメージ 
  • 第1章 実務翻訳(産業翻訳・ビジネス翻訳)とは
  • 第2章 翻訳者になるまでの流れ(募集、トライアル、登録等)
  • 第3章 実際の翻訳のお仕事の流れ
  • 第4章 翻訳者として必要なスキル
  • 第5章 翻訳者としてしっておくべき事
  • 第6章 翻訳会社との付き合い方
  • 第7章 中国語、韓国語の翻訳について

  • <翻訳者を目指す個人の方向け、実務翻訳体験添削サービス
    実務翻訳体験添削サービス  フリーランス翻訳者の養成講座の受講などを検討するものの、
    数万円から10万円を超える料金ではなかなかハードルが高いとお感じではないでしょうか?
    まずはリーズナブルな料金で、添削課題の実務翻訳を体験し、
    添削とトライアルを受ける際に気をつけるべきポイントなど
    具体的なアドバイスを受けられる
    「実務翻訳体験添削サービス」で、実務翻訳とはどういったものか、試してみてはいかがでしょうか?